脱毛の回数、本当に効果が出てくるのは何回?

脱毛を行う手法として、医療脱毛やエステ店で行なう光脱毛など、レーザー光の出力違いにより脱毛効果を実感出来るまでの回数と通う期間に違いがあります。

美容にとって重要な脱毛ですが、通い方によっては成果がイマイチとなってしまうことがあるので、契約前に必要な脱毛回数についてじっくり検討しておかなければなりません。

何となく脱毛サロンに通えば効果が出ると考えることは意味が無いわけです。

医療脱毛なら5~6回で完了する

医療脱毛で用いるレーザー光を使った脱毛器は、レーザー光出力が高いので毛根に対して効果を発揮しやすくなります。

出力が強い分だけ痛みを伴うことになり、医師と相談した上で局所麻酔薬を使用することもあるわけです。

医療脱毛ならば1度通えば成果が出ると思われがちですが、自己処理がほとんど必要ない水準まで脱毛するためには5~6回程度の通院が必要となります。

医療脱毛のメリットとして、万が一皮膚トラブルや炎症が発生したとしても、すぐに医師により処置が可能となるので、基本的にお任せで医療脱毛を受けられることです。

全身脱毛を行なう際には、通院日について医師から短めの期間で指示を受けることがあります。

面倒と思わずに決められた期間内に次回の医療脱毛を受けることが、そのまま成果を最短の回数で得られる秘訣と知った上で利用すると良いです。

医療脱毛については、医療行為として行なうので、細かい説明を求めた時には医師が患者に対して詳細に説明する義務があります。

正確な脱毛に関する知識を得ることが出来るので、気になる点は医師へ全て確認しておくことが望ましいです。

6回を超える医療脱毛を受ける際には、6回終了時点で医師と脱毛効果について十分に話し合った上で目指すゴールを決めておくと良いです。

いつまでもダラダラと通院するよりも、目標を明確にした方が費用に見合った成果を得やすくなります。

エステ店の光脱毛は目標とする脱毛度合いにより変わる

医療脱毛と並んで利用者が多いエステ店の光脱毛は、光脱毛器のレーザー光出力が医療行為とはならない程度に安全性を意識して法律で定められた範囲内に抑えられています。

出力が弱いレーザー光で光脱毛を行なうので、1度に処理出来る毛根の量は限定されることになり、濃い毛を中心として徐々に脱毛効果を得られるタイプです。

光脱毛器による痛みは少なく、個人差はあるもののほとんど痛みを感じない人もいるくらいです。

エステ店で光脱毛を行なう際には、出力が弱い脱毛器を使うことになるので、回数を多く通うことになります。

目安として
・6回の全身脱毛 →約50%の毛に脱毛効果あり
・12回の全身脱毛→約80%の毛に脱毛効果あり
・18回の全身脱毛→約95%の毛に脱毛効果あり
を意識しておけば、どのくらい通えば良いのか判断しやすくなります。

約50%の毛に脱毛効果が見られれば、全体的に薄くなったことを実感出来るので、自己処理を行なう際に楽に感じられる状態です。

約80%の脱毛効果となれば、月に数回程度の自己処理を行なうだけで、ムダ毛を意識することが無くなります。

約95%の脱毛効果になるまで通えば、ほとんど自己処理が必要なくなり、目立たない毛が少しある程度にまで脱毛効果が発揮される状態です。

エステ店で脱毛を行なうならば、多くの人が12回~18回程度の回数で契約を行なうことからも、脱毛効果に納得するためには少なくとも12回以上通う必要があると考えられます。

【PR:オススメの全身脱毛情報】
キレイモの脇脱毛は痛い?安い?
レジーナクリニックの全身脱毛はどんな感じ?
jクリニック渋谷の料金はいくら?

毛周期について理解した上で通いたい

体中の毛については、常に入れ替わる状態が続いており、脱毛を何度も通わなければならない理由を理解するためには、全ての毛根に対してダメージを与える方法と毛周期に関する理解が必要となるからです。

毛は毛根にある毛母細胞から生えてくることになりますが、成長初期→成長期→退行期→休止期という4つの毛周期サイクルを繰り返しています。

医療用レーザー光脱毛やエステ店の光脱毛器も、メラニン色素に対して熱反応を起こして毛根にダメージを与えることになるので、成長期にメラニン色素が増えた毛に対してのみ効果が出るわけです。

人間の肌にある毛は、7~8割が休止期にあるとされているので、1回の脱毛処理で成果が得られるのは全体の2~3割程度に過ぎないことを知っておく必要があります。

少なくとも4回以上の脱毛が必要となる理由として、毛周期による影響が大きいことをまずは知っておかなければなりません。

また、部位により毛周期は異なるだけでなく、休止期の期間も部位による差が大きい部分です。

・手や脚→休止期は3ヶ月
・脇毛と髪の毛→休止期は4ヶ月
・顔の毛→休止期は2ヶ月
といった具合に異なる休止期間から成長期となるタイミングを逆算して、脱毛サイクルを計算しなければなりません。

医療脱毛では、毛周期に関して緻密な計算を行なう医療機関ほど、次回脱毛時期を2~3ヶ月後の決められた1週間程度の範囲内に限定して指定されることがあるのは、脱毛効果を最大限に高めるための工夫です。

エステ店では回数を通ってもらえれば利益が増えるので、目安は伝えられるものの厳しい期間の定めは行われません。

毛が濃い部分から成果が出る

医療用レーザー光脱毛器だけでなく、エステ店で用いられる光脱毛器であっても、毛周期が成長期にある毛に対して優先的に反応して熱処理が行われます。

レーザー光出力が弱い光脱毛器を使っているエステ店へ脱毛処理に何度通っても成果が出にくいと感じている人は、一度自身の毛の状態とエステ店へ通っている予約サイクルについて見直してみると良いです。

なぜなら、光脱毛では、成長期にある毛ほどメラニン色素が多く生み出されているので、黒い色素に反応して光脱毛のレーザー光が作用して熱処理出来るのであって、休止期や退行期にある毛に対しては十分な脱毛効果が得られないからです。

元々毛の色が薄くメラニン色素が少ない状態ならば、強い出力の医療用レーザー光でなければ脱毛効果を得にくいことになり、エステ店で脱毛処理を行なう際には毛の色が薄く産毛が多い人ほど損をしている可能性があります。

成長期にある毛を狙って光脱毛を行なうのは、最も毛の色が濃くなる時期を狙うからであって、成長初期の毛であっても色さえ濃ければ成果は出るわけです。

生まれつき体毛の色が薄い人の場合には、肌を傷めない程度の出力で回数を多めに通うか出力が強い医療脱毛器で一気に脱毛する必要があることを知っていれば、医療脱毛を選ぶかエステ店の光脱毛を選ぶかという段階からじっくり考えて脱毛方法を選択することになります。

光脱毛では、剛毛過ぎて悩んでいる人ほど成果が出やすいという特徴を持っているわけです。

自己処理がほぼ必要ないほどに脱毛したいなら18回が目安

エステ店で脱毛を行なう際に、自己処理がほぼ必要ないほどに脱毛したいならば、18回通うことで全体の95%程度の毛を処理することが出来ます。

残り5%も残っていると思われますが、休止期に入っている毛が7~8割を占めていることを考えれば、わずかに残った毛が生えているのは1.25%程度と僅かです。

100%を目指すためにエステ店の脱毛に通い続けることも出来ますが、既にパッと見た時にムダ毛があると分かる程度の毛は無くなっているので、95%以上を目指す際にはほとんど自己満足の世界となります。

費用対効果を考えた時には、18回のエステ店通いが良いとされる根拠として自己処理がほとんど必要ないレベルになることで十分です。

しかし、元々毛の色が生まれつき薄い場合や、顔については18回の脱毛でも満足出来ない可能性が残されています。

全身脱毛の回数を18回として、あとは気になる部分についてのみ行なう部分脱毛を延長戦として続ける方法が経済的です。

脱毛効果には個人差があるので、12回で満足出来る元々が剛毛の人もいますから、中には24回通うと決めている人がいても不思議ではありません。

ムダ毛に悩んでいる毛の色が濃い剛毛の人ほどレーザー光脱毛では成果が出やすいわけです。

回数無制限と回数制のエステ脱毛はどちらを選ぶべきか

医療脱毛では、医師と相談した上で5~6回程度のレーザー光脱毛を行って終了となるケースが一般的です。

しかし、エステ店の光脱毛には痛みを抑えて回数をかけてでも納得出来るまで脱毛をしたいと考えている人が少なくありません。

エステ店のコースを比較して、通う店を選ぶ際にはコースの設定方法がエステ店により大きく異なることに驚きます。

12回や18回といった本格的な光脱毛を目指すコースが多く見られる中で、回数無制限の通い放題コースを設けているエステ店も存在します。

自己処理がほとんど必要無い程度にまで脱毛できれば十分と考えて、18回コースを選んだとしても体毛の色が元々薄い人にとっては成果が出にくいと分かっていて、回数無制限ならばとことん脱毛出来ると考えて申込む人がいます。

しかし、回数無制限で通えるのは、決められた3年または4年といった期間内であることを利用規約で確認しておかなければ、後で失敗したと思うことになりかねません。

脱毛は2ヶ月~3ヶ月に1回行う毛周期に沿った施術が効果的ですから、むやみに予約をしようとしても全身脱毛についてはまだ前回からの期間が開いていないために効果が薄いと断られることがあります。

回数無制限を謳うエステ店の場合には、2ヶ月に1回通ったとして何回通えるのかを計算した上で、回数指定コースと回数無制限コースのどちらの光脱毛を行なうべきか検討する必要があります。

有効期間が3年で回数無制限コースの場合には、2ヶ月に1回通ったとしても18回となるので、3ヶ月に1回ならば12回です。

18回通うつもりならば、4年以内の回数無制限コースは実際に通える回数が18回を超えない可能性があるのでお得ではありません。